採用情報|千葉 八千代・佐倉・香取の弁護士法人さくら北総法律事務所

さくら北総法律事務所トップページ 事務所アクセス

教育・フォロー体制

教育体制について

弁護士法人さくら北総法律事務所では、新規登録弁護士ができる限り早期に活躍できるよう、さまざまな研修制度を設けています。個々の研修を通じ、各分野の専門性を高めるだけでなく、弁護士としての、そして、さくら北総のマインドを身につけていただきたいと考えています。

そのほか、各分野を横断する知識を身に着けることができるような研修制度も設けています。

これらの研修を通じ、“一人前の弁護士”となることができます。

横断型研修プラットフォーム

さくら北総での日々の業務に必要なスキル(ビジネスマナーや文書作成)について、部門横断型研修プラットフォームを用意しています。
この研修を通じて、さくら北総のビジョンやミッションを共有すると共に、日々の業務フローを習得し、「自ら考え・調べ・責任感をもって行動できる人財」の育成を実現します。

具体的には、入所1か月間、ワード、エクセルをはじめとするパソコン操作、電子メールや事務所ポータルサイトの操作方法、ビジネスマナーなどの一般的な講義、事務所の業務に関する講義(業務フロー、手順など)を受講していただきます。

各分野の専門研修

専門性の向上は、さくら北総の人財育成における最も重要なコア要素です。 法の力で世界中の人々を幸せにする、お客様に幸せをお届けするために必要不可欠なのがリーガルスキルの向上です。

今日、弁護士には高度の専門性が求められます。しかし、その一方で、実際の案件を処理するには取り扱う法律分野は多岐にわたります。

基本的な法律知識・実務知識を身につけていただくため、さくら北総では、ローテーション制度を設けています。

具体的には、入所2か月後以降(以後の業務分担は、各弁護士の能力や研修進捗状況によります)は、チューター弁護士の指導の下、OJT(On-the-Job Training)を実施します。 チューター弁護士の下、交通事故や債務整理、離婚などの案件を数週間程度のローテーションを組んで学ぶこととなります。

OJT期間中は、各種業務マニュアルに基づく講義や、各書式集を用いて実際の業務を行っていただきます。

フォローアップ

すべての新規登録弁護士には、相談担当弁護士がつきます。 相談担当弁護士は、日々のコミュニケーションを通じ、新規登録弁護士の案件処理の状況を確認すると共に、各新規登録弁護士の能力・研修進捗状況にあわせて、キャリアアップ・専門性を高めるためのサポートを行います。

新規登録弁護士研修合宿(千葉県内)

弁護士や事務スタッフも参加し、2泊3日の合宿形式で研修を行います。 基本的講義のほか、模擬法律相談、模擬電話対応、プレゼンテーション、グループディスカッションなどの研修を行い、弁護士の基本姿勢、スタッフとの共同関係の重要さなどを学びます。

PAGE TOP