千葉 佐倉・船橋・八千代・香取の法律事務所。交通事故に経験豊富な弁護士が迅速確実に対応。60分無料相談。夜間土日相談。弁護士費用分割可。弁護士費用特約対応。24時間相談予約可。

交通事故無料相談|千葉 八千代・佐倉・香取の弁護士法人さくら北総法律事務所朝9時~夜9時年中休まず受付中 0120-786725

足の後遺障害

交通事故により、足の骨を折ってしまったりしたあと、治療を続けても足が元に戻らなくなってしまったということはありませんか?
ここでは、そのような「足の後遺障害」について説明します。

 後遺障害とは

後遺障害」とは、失明、手足の切断など、治療が終わっても障害として残ってしまったものをいいます。
交通事故により後遺障害がのこった場合には、「後遺障害についての損害」についてのお金を受けとることができます。

後遺障害とみとめられたときは、後遺障害により収入が減ったことによる損害(「後遺障害逸失利益」)にあたるお金や「後遺障害慰謝料」を受けとることができるので、支払いを受ける金額が上がることになります。

足のしくみ

「股関節(こかんせつ)」、「ひざ関節」及び「足関節」を合わせて「下肢の3大関節」といいます。

股関節のしくみ

股関節」は、腸骨(ちょうこつ)、坐骨(ざこつ)、恥骨(ちこつ)からなる「寛骨(かんこつ)」のくぼみ(「寛骨臼」)に大腿骨の上端の「大腿骨頭」がはまりこんでできています。

ひざ関節のしくみ

ひざ関節」は、大腿骨(だいたいこつ)と脛骨(けいこつ)の間の「大腿脛骨関節(だいたいけいこつかんせつ)」と、大腿骨と膝蓋骨(しつがいこつ)の間の「大腿膝蓋関節(だいたいしつがいかんせつ)」の2つの関節から成り立っています。

大腿骨(だいたいこつ)」は、太ももの中心にある骨で、骨盤とすねから先をつないでいます。大腿骨は、とても強い骨ですが、お年寄りが転んだときにはかんたんに折れてしまうことがあります。

脛骨(けいこつ)」は、いわゆる「向こうずね」の骨で、体重の大部分を支えている骨のことです。

腓骨(ひこつ)」は、脛骨と並んでのびている骨で脛骨の外側にあります。外くるぶしは、腓骨の端の部分です。

「膝蓋骨(しつがいこつ)」は、ひざのお皿の骨のことです。

足関節のしくみ

足関節」は、脛骨・腓骨と距骨(きょこつ)の間の部分、つまり足首の関節のことです。
「距骨(きょこつ)」は、かかと付近にある骨で、脛骨・腓骨とつながって足首をつくっています。

足・足指の構造

足部には、7つの「足根骨(そくこんこつ)」、5つの「中足骨(ちゅうそくこつ)」、14つの「足骨」があり、たくさんの関節があります。
「足根骨」とは、かかと側にある7つの骨のことをいいます。
「中足骨」は、足の中ほどの5本の長い骨のことをいいます。

「足根中根関節(TM関節)は、足根骨と中足骨の間の関節で、足の中ほどにあります。「リスフラン関節」とも呼ばれます。

足の切断―「足(下肢)の欠損障害」

交通事故により足を切断したときには、つぎのいずれかの後遺障害と認められることがあります。
いくつの足を、どの長さで切断したのかという事情が、受けとることのできる金額にかかわってきます。

第1級5号 両下肢をひざ関節以上で失ったもの
第2級4号 両下肢を足関節(足首)以上で失ったもの
第4級5号 1下肢をひざ関節以上で失ったもの
第4級7号 両足をリスフラン関節以上で失ったもの
第5級5号 1下肢を足関節(足首)以上で失ったもの
第7級8号 1足をリスフラン関節以上で失ったもの

「下肢をひざ関節以上で失ったもの」と認められるかどうかのめやすは、つぎのとおりです。

①股関節において寛骨と大腿骨を切りはなしたもの

②股関節とひざ関節のあいだで足を切断したもの

③ひざ関節において大腿骨と脛骨および腓骨を切りはなしたもの

「下肢を足関節以上で失ったもの」と認められるかどうかのめやすは、次のとおりです。

①ひざ関節と足関節の間で足を切断したもの

②足関節において、脛骨および腓骨と距骨とを切りはなしたもの

「リスフラン関節以上で失ったもの」と認められるかどうかのめやすは、次のとおりです。

①足根骨において足を切断したもの

②リスフラン関節において中足骨と足根骨を切りはなしたもの

足の関節が動かなくなったとき―「足の関節の機能障害」

交通事故によるけがで、ひざなどの足の関節が動かなくなったときには、その程度により、つぎのいずれかの後遺障害と認められることがあります。
足の関節が動かなくなる障害のときは、どこの関節がどのくらい動かなくなってしまったのかによって、受けとることのできる金額が変わってきます。

第1級6号 両下肢の用を廃したもの
第5級7号 1下肢の用を廃したもの
第6級7号 1下肢の3大関節の2関節の用を廃したもの
第8級7号 1下肢の3大関節中の1関節の用を廃したもの
第10級11号 1下肢の3大関節中の1関節の機能に著しい障害を残すもの
第12級7号 1下肢の3大関節中の1関節の機能に障害を残すもの

下肢の用を廃したもの」と認められるかどうかのめやす

下肢の3大関節(股関節・ひざ・足首)のすべてが強直したこと、つまり動かなくなったことです。

「関節の用を廃したもの」と認められるかどうかのめやすは、つぎのとおりです。

①関節が強直したもの

②関節の完全弛緩性マヒまたはこれに近い状態にあるもの

つまり、関節が全然動かなくなってしまったときや、動いてもせいぜい事故の前の10%以下しか動かせなくなってしまったときがこれにあたります。

「関節の機能に著しい障害を残すもの」と認められるかどうかのめやすは、つぎのとおりです。

  • 関節の可動域が健常な関節の可動域の1/2以下に制限されているもの。

つまり、事故の前とくらべて関節が半分までしか動かせなくなってしまったときがこれにあたります。

「関節の機能に障害を残すもの」と認められるかどうかのめやすは、つぎのとおりです。

  • 関節の可動域が健常な関節の3/4以下に制限されていること

つまり、事故の前とくらべて関節が3/4以下しか動かせなくなってしまったときがこれにあたります。

足の変形

交通事故にあい足をけがしてしまったあと、足の骨がうまくくっつかずに足の骨の変形が残ってしまうことがあります。
足の骨の変形が残ってしまったときには、その程度により、つぎのいずれかの後遺障害と認められることがあります。

第7級10号 1下肢に偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの
第8級9号 1下肢に偽関節を残すもの
第12級8号 長管骨に変形を残すもの

偽関節」とは、骨折などによる骨のゆ合が止まってしまったもの、つまり、骨がくっつかずに止まってしまってきちんと回復ができなかったものをいいます。

「偽関節を残し、著しい運動障害を残すもの」と認められるかどうかのめやすは、つぎのとおりです。

①大腿骨の骨幹部などにゆ合不全を残し、常に硬性補装具を必要とするもの

②脛骨および腓骨の両方の骨幹部などにゆ合不全を残し、常に硬性補装具を必要とするもの

③脛骨の骨幹部などにゆ合不全を残し、常に硬性補装具を必要とするもの

つまり、

①大腿骨の中心部などに骨がくっつかずに回復が止まってしまったところがあるために義足などが必要なとき

②脛骨と腓骨の中心部などに骨がくっつかずに回復が止まってしまったところがあるために義足などが必要なとき

③脛骨の中心部などに骨がくっつかずに止まってしまったところがあるために義足などが必要なとき

などがこれにあたります。

「偽関節を残すもの」と認められるかどうかのめやすは、つぎのとおりです。

①大腿骨の骨幹部などにゆ合不全を残すもの

②脛骨及び腓骨の両方の骨幹部などにゆ合不全を残すもの

③脛骨の骨幹部などにゆ合不全を残すもの

つまり、

①大腿骨の中心部などに骨がくっつかずに回復が止まってしまったところがあるとき

②脛骨と腓骨の中心部などに骨がくっつかずに回復が止まってしまったところがあるとき

③脛骨の中心部などに骨がくっつかずに回復が止まってしまったところがあるとき

などがこれにあたります。

長管骨に変形を残すもの」とは

大腿骨、脛骨に変形などがあり、その変形が外から見て分かるくらいである場合などを指します。

上記の基準をみたすとしても、具体的事情によっては後遺障害と認められないこともあります。

足の短縮障害

交通事故にあい、片方の足が短くなってしまったときには、その程度により、つぎのいずれかの後遺障害と認められることがあります。
足が短くなってしまった障害の場合は、短くなってしまった足の長さによって、受けとることのできる金額が変わってきます。

第8級5号 1下肢を5センチメートル以上短縮したもの
第10級8号 1下肢を3センチメートル以上短縮したもの
第13級8号 1下肢を1センチメートル以上短縮したもの

足の長さは、「上前腸骨棘」と「下腿内果下端」という部分の間の長さをはかって、けがのない足とくらべます。または、エックス線を撮影して長さをはかります。

足の指の切断―足指の欠損

交通事故にあい、足の指を切断してしまったときは、その程度により、つぎのいずれかの後遺障害と認められることがあります。
足の指の切断の場合には、どの指を失ったかによって、受けとることのできる金額が変わってきます。

第5級8号 両足の足指の全部を失ったもの
第8級10号 1足の足指の全部を失ったもの
第9級14号 1足の第1の足指を含み2以上の足指を失ったもの
第10号9号 1足の第1の足指または他の4の足指を失ったもの
第12号11号 1足の第2の足指を失ったもの、第2の足指を含み2の足指を失ったものまたは第3の足指以下の3の足指を失ったもの
第13級9号 1足の第3の足指以下の1または2の足指を失ったもの

足指を失ったもの」とは、足の指のすべてを失ったものをいいます。

足の指が動かなくなったとき―足指の機能障害

交通事故にあい、足の指が動かなくなってしまったときには、つぎのいずれかの後遺障害と認められることがあります。
足の指の障害の場合には、どの指が動かなくなったのか、いくつの指が動かなくなったのかによって、受けとることのできる金額が変わってきます。

第7級11号 両足の足指の全部の用を廃したもの
第9級15号 1足の足指の全部の用を廃したもの
第11級9号 1足の第1の足指を含み2以上の足指の用を廃したもの
第12級12号 1足の第1の足指または他の4の足指の用を廃したもの
第13級10号 1足の第2の足指の用を廃したもの、第2の足指を含み2の足指の用を廃したものまたは第3の足指以下の3の足指の用を廃したもの
第14級8号 1足の第3の足指以下の1または2の足指の用を廃したもの

足指の用を廃したもの」とは

①第1の足指は末節骨の半分以上、その他の足指は遠位指節間関節以上を失ったもの

または

②中足指節関節もしくは近位指節間関節(第1の足指にあっては指節間関節)に著しい運動障害を残すもの

をいいます。

足の傷あと―「下肢醜状」

交通事故でけがを負ったことなどにより、足に大きく目立つ傷あとが残ってしまったときには、「第14級5号」の後遺障害と認められることがあります。

第14級5号 下肢の露出面にてのひらの大きさの醜いあとを残すもの

「下肢の露出面」とは、ひざ関節より下の部分(足の背の部分を含む)をいいます。

足の傷あとの仕事などへの影響―「労働能力喪失率」

足に大きく目立つ傷あとが残ってしまったとしても、そのことによって仕事や家事ができなくなってしまうとは限らないので、その分の損害(「後遺障害逸失利益」)は発生しないといわれることがあります。

「後遺障害による逸失利益」とは、交通事故にあい後遺障害があるために事故前にくらべて収入が減ってしまった分の差額のことをいいます。

裁判所では、けがを負った人の職業などの事情により、仕事への影響を認めなかったもの、仕事への影響を認めたもの、慰謝料で調整したものなど、その事故の状況ごとに判断をしています。

たとえば、ダイビングインストラクターをめざす女性アルバイトが両足にけがを負った場合について、両足の傷あとがその職業選択をせばめ、少なくともダイビングインストラクターになる可能性を閉ざしたことから、労働能力の喪失を認めた、つまり足の傷あとによる収入の減少を認めた裁判例があります(東京地判平14.9.25交民35-5-1248)。

足の痛み・しびれなど―「神経症状」

交通事故によるけがの治療の後も、足の痛みやしびれなどが残るときには、第12級13号または第14級9号のいずれかの後遺障害と認められることがあります。

足の痛みやしびれは、腰の骨の異常により起こることもあります。くわしくは「腰の後遺障害」のページをごらんください。

第12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの
第14級9号 局部に神経症状を残すもの

第12級13号と第14級9号の違い

第12級13号「局部に頑固な神経症状を残すもの」とは?

局部に頑固な神経症状を残すもの」とは、「医学的に『証明可能』な神経症状があること」をいいます。
事故によりからだに異常が発生し、その異常により障害が生じていることが医学的見地から「他覚的所見」、つまり各種検査結果をもとに判断できることが必要です。
たとえば、お医者さんがMRIをみて、けがをした部分の神経がおしつぶされているために手の痛みやしびれが起きていることを診断できる場合などがこれにあたります。

第14級9号「局部に神経症状を残すもの」とは?

局部に神経症状を残すもの」とは、「医学的に『説明可能』な神経症状があること」をいいます。
つまり、画像検査をしても原因となっている神経の異常がはっきりとはわからないけれども、事故の状況や治療の状況などからみて、事故にあった人が言うような症状が出たとしてもおかしくないといえる場合をいいます。

 ご注意

自賠法16条の3第1項に基づき国交省が定めた「支払基準」(平成13年金融庁・国交省告示1号)では、自賠責保険にも、原則として「労災保険における認定基準」(昭和50年9月30日付基発565号)を準用しています。
つまり、自賠責保険の実務では、基本的に労災保険における認定基準に準じて等級の認定を行っています。
このホームページにおける解説も、「労災保険における認定基準」に基づくものです。

なお、この認定基準は、裁判所を法律上拘束するものではありません。裁判では基準と異なる判断がされる可能性もありますので、ご注意下さい。

 このページを見た方は次のページもご覧になっています

症状から探す(症状ごとの後遺障害)

むちうち(首の後遺障害)

腰の後遺障害

顔の後遺障害

肩の後遺障害

手・腕の後遺障害

胸腹部の後遺障害

背中の後遺障害

足の後遺障害

高次脳機能障害

死亡

千葉・八千代・佐倉地域のみなさまへ 60分無料弁護士相談実施中

当事務所サービスエリア(千葉県の裁判所管轄と裁判所所在地)

千葉/水戸地方・家庭裁判所管轄区域一覧

本庁 支部 管轄地域
千葉地方・家庭裁判所   千葉市(中央区、花見川区、稲毛区、若葉区、緑区、美浜区)、習志野市、市原市、八千代市、市川市、船橋市、浦安市
  佐倉支部 佐倉市、成田市、四街道市、八街市、印西市、白井市、富里市、印旛郡(酒々井町、栄町)
  一宮支部 茂原市、勝浦市、いすみ市、長生郡(一宮町、睦沢町、長生村、白子町、長柄町、長南町)、夷隅郡(大多喜町、御宿町)
  松戸支部 松戸市、野田市、柏市、流山市、我孫子市、鎌ケ谷市
  木更津支部 木更津市、君津市、富津市、袖ヶ浦市
  館山支部 館山市、鴨川市、南房総市、安房郡(鋸南町)
  八日市場支部 匝瑳市、香取郡(多古町)、山武郡(芝山町、横芝光町、九十九里町)、銚子市、旭市(旧旭市、旧海上郡海上町、旧海上郡飯岡町)、東金市、山武市、大網白里市、
  佐原支部 香取市、旭市(旧香取郡干潟町)、香取郡(神崎町、東庄町)
水戸地方・家庭裁判所   水戸市,ひたちなか市,那珂市,鉾田市、小美玉市の内 旧東茨城郡小川町,旧東茨城郡美野里町、那珂郡(東海村),久慈郡(大子町)、
東茨城郡の内 茨城町,大洗町,城里町(七会支所の所管区域を除く。)
  日立支部 日立市,高萩市,北茨城市
  土浦支部 土浦市,つくば市、つくばみらい市、
かすみがうら市の内 旧新治郡霞ヶ浦町、
稲敷郡の内 阿見町 美浦村、石岡市、
かすみがうら市の内 旧新治郡千代田町、
小美玉市の内 旧新治郡玉里村
  龍ケ崎支部 龍ケ崎市,牛久市,稲敷市 、
稲敷郡の内 河内町、
取手市、守谷市、北相馬郡(利根町)
  麻生支部 鹿嶋市,潮来市,神栖市,行方市
  下妻支部 下妻市,常総市,結城郡(八千代町)、結城市,筑西市、
桜川市の内 旧真壁郡真壁町、旧真壁郡大和村、
古河市、坂東市、猿島郡(五霞町 境町)

千葉/水戸地方・家庭裁判所所在地一覧

本庁 支部 管轄地域
千葉地方・家庭裁判所   千葉県千葉市中央区中央4-11-27(JR総武線・内房線・外房線千葉駅から徒歩15分、京成千葉線千葉中央駅から徒歩8分)
  佐倉支部 千葉県佐倉市弥勒町92(JR総武本線佐倉駅から徒歩30分、京成本線京成佐倉駅から徒歩15分)
  一宮支部 千葉県長生郡一宮町一宮2791(JR外房線上総一ノ宮駅から徒歩3分)
  松戸支部 千葉県松戸市岩瀬無番地(JR常磐線松戸駅から徒歩7分)
  木更津支部 千葉県木更津市新田2-5-1(JR内房線木更津駅から徒歩8分
  館山支部 千葉県館山市北条1073(JR内房線館山駅から徒歩15分)
  八日市場支部 千葉県匝瑳市八日市場イ2760(JR総武本線八日市場駅から徒歩15分)
  佐原支部 千葉県香取市佐原イ3375(JR成田線佐原駅から徒歩15分)
水戸地方・家庭裁判所   茨城県水戸市大町1-1-38(JR常磐線水戸駅北口徒歩約10分)
  日立支部 茨城県日立市幸町2-10-12(JR常磐線日立駅中央口から徒歩約10分)
  土浦支部 茨城県土浦市中央1-13-12(JR常磐線土浦駅西口から徒歩約15分)
  龍ケ崎支部 茨城県龍ケ崎市4918(JR常磐線佐貫駅から関東鉄道竜ヶ崎線竜ヶ崎駅下車徒歩約20分,
又は竜ヶ崎駅からバス(江戸崎行き等)乗車5分,観音前停留所下車徒歩3分)
  麻生支部 茨城県行方市麻生143(JR鹿島線潮来駅から車,タクシーで約20分)
  下妻支部 茨城県下妻市下妻乙99(関東鉄道常総線下妻駅から徒歩約15分)

60分無料法律相談実施中

ご相談・ご依頼方法

インターネットご相談予約

弁護士紹介

アクセス

弁護士費用

交通事故ナビ

弁護士法人さくら北総法律事務所

【交通事故ダイヤル】
0120-786725

一部IP電話からはフリーダイヤルをご利用いただけません。その場合は047-460-2700(ご予約専用ダイヤル)へおかけください。

ご相談予約は年中休まず朝9時から夜9時まで受け付けております。
※お客様のお話を丁寧に伺うため、予めお電話又はインターネットにてご相談のご予約をお願いしております(予約制)。
※お急ぎの方はインターネット予約をお勧めしております。
※上記時間はご相談ご予約受付時間となります。
あらかじめご了承ください。

佐倉うすい事務所

〒285-0864
千葉県佐倉市稲荷台2-9-9-102
京成本線「うすい」駅徒歩3分
(駐車場2台あり)

船橋事務所

〒273-0005
千葉県船橋市本町3丁目32-25 あいおいニッセイ同和損保
船橋ビル8F
「船橋」駅徒歩7分

八千代事務所

〒276-0031
千葉県八千代市八千代台北
1-9-13-103(メゾン三京)
京成本線「八千代台」駅徒歩2分
(コインパーキングあり)

香取さわら事務所

〒287-0002
千葉県香取市北3-8-3
JR成田線・鹿島線「佐原」駅徒歩7分
国道356号佐原駅入口交差点すぐ
(共用駐車場10台あり

サポートエリアのご案内

千葉県北西部

千葉(中央/花見川/稲毛/若葉/緑/美浜)、習志野、市原、八千代、市川、船橋、浦安、佐倉、成田、四街道、八街、印西、白井、富里、印旛郡(酒々井、栄)、松戸、野田、柏、流山、我孫子、鎌ヶ谷

千葉県北東部

匝瑳、香取、香取郡
(多古、神崎、東庄)、山武郡(芝山、横芝光、九十九里)、銚子、旭、東金、山武、大網白里、茂原、長生郡(一宮、睦沢、長生、白子、長柄、長南)

千葉県南部

木更津、君津、富津、袖ヶ浦、鴨川、南房総、安房郡(鋸南)、館山、勝浦、いすみ、夷隅郡(大多喜、御宿)

茨城県南部

(鹿行・県南地域)
(神栖、潮来、行方、鹿嶋、鉾田、稲敷、龍ヶ崎、牛久、取手、かすみがうら、土浦、石岡、河内、利根、阿見、美浦)

東京23区・多摩地域
茨城県 埼玉県 神奈川県

その他の地域はお問い合わせください。

ページの先頭へ